シェアサイクルサービス「メルチャリ」で福岡の街を走ってみた!

シェアサイクル

メルカリの新サービス「メルチャリ」サービス発表会が、2/27(火)に福岡のキャナルシティ博多にて行われました。

各方面で話題の新サービスで、記者会見だけでなく実際にメルチャリに乗って福岡の街をブラブラしてきましたので、その様子をレポートしようと思います。

20180228_merchari_0-1

20180228_merchari_0-2

こちらは福岡のキャナルシティ博多で行われた発表会の様子。メディアの数が注目度を物語っていますね。
メルチャリのテーマは、いつでもどこでも使えるみんなのメルチャリ、とのこと。

メルチャリとは?

ちなみにメルチャリとは、フリマアプリ「メルカリ」のグループ会社が運営する、地域・個人参加型で運営を行う新しいスタイルのシェアサイクルサービスです。

利用する自転車は日本製で、スチール製の3段ギア、自動点灯LEDライト、ベル付きです。安全には充分な配慮がされています。

20180228_merchari_1-1

シマノ製。3速ギアでしっかり加速できます。

20180228_merchari_1-2

サドルの高さの調整はサドル下のレバーで行います。

20180228_merchari_1-3

サドルの下には見慣れたメルカリのロゴも付いています。

スマートフォンアプリ内で全て完結

利用可能なメルチャリを探すときには、メルチャリアプリ内の地図を開くとポートの検索が行えます。鍵はアプリ内のQRコードで解錠、再度ロックをかければ自動精算と、スマートフォン1つで全て完結出来ます。

料金は4円/分で、1時間乗っても240円とだいぶおトクな価格設定。メルカリID連携で簡単に決済できます。

20180228_merchari_2-1

メルチャリを解錠してみたところ、アプリからQRコードを読み込むと簡単に開けることができました。QRコードの部分にそこまでスマホを近づけなくても素早く認識してくれました。
「あれ、これ自分が開けたのかな?」と戸惑ってしまうほどスピーディに解錠できました。

早速メルチャリで福岡都市部を走ってみた

20180228_merchari_3-1

無事メルチャリの解錠もできたところで、早速福岡市街をブラブラしにいきます。
上の写真は博多駅前広場。メルチャリの赤いフレームがひときわ映えます。

20180228_merchari_3-2

教科書で見覚えのある、博多湾の志賀島(しかのしま)で発見された金印のオブジェ。これも福岡です。

20180228_merchari_3-3

福岡市内は自転車専用レーンも整備が進んできました。シェアサイクルを広める上では、自転車だけでなくこういった道路整備もあわせて必要ですね。

20180228_merchari_3-4

少し足を伸ばして博多湾までやってきました。こちらは、ベイサイドプレイス博多というレジャースポットにある福岡ポートタワーの様子。タワーの真下にポートがありました。

ここは地下鉄の駅から相当離れているので、歩いてここまで来ることを考えるとシェアサイクルの存在はありがたいですね。

20180228_merchari_3-5

ちなみにここには4台分のポートがありました。

20180228_merchari_3-6

少し足を伸ばして福岡タワーまで来てみました。先ほどの場所からは、普段は徒歩とバスを組み合わせて向かうのですが、今回はメルチャリで。6kmほどの距離なのですが、自転車だと気持ちよくスイっと来れてしまいました。

20180228_merchari_3-7

福岡タワーから少し歩いて、シーサイドももち海浜公園へ。博多は海も近くて、自転車でお散歩するにはなかなか気持ちの良い街です。

20180228_merchari_3-8

こちらは路地で見つけた商店街。こういった発見も自転車ならではですね。

20180228_merchari_3-9

ちなみに、2/27(火)時点でのポートは博多エリアを中心に22カ所(マップ内の数字は利用可能な自転車の数)。電車やバスを降りた後のちょい乗りを考えると、ポートの多さはうれしいところですね。

最後に

この日の博多の街は、コンサートが開催されており車も人も局所的に渋滞していましたが、自由のきく自転車というツールに助けられ、移動はとてもスムーズでした。

福岡はとてもコンパクトにまとまった便利な街ではありますが、それだけ人も集中しやすく、公共インフラのみではパンクしてしまうこともしばしば。

観光客も多く訪れる街福岡に、今後メルチャリが浸透して新たな観光スポットの発掘ができれば、これまで以上にユーザにとって便利で魅力的な街になるのではないかと期待したいところです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。