竹林を眺めがら抹茶を嗜む!鎌倉・報国寺の見どころ特集!

神奈川

竹林で有名な鎌倉の名刹・報国寺。

数千本におよぶ孟宗竹の美しさはもちろんのこと、お茶席で抹茶をいただきながら竹林を眺めれば、より一層の素敵な時間を過ごすことができます。

その他、座禅会の様子や周辺のおすすめの観光スポットなど、鎌倉・報国寺の魅力をあますところなくご紹介します。

報国寺の歴史、概要

報国寺は鎌倉時代後期(1334年)に建てられた寺院で、後の室町幕府を開いた足利尊氏の祖父にあたる足利家時が創建したとされています。

境内に広がる竹林や庭園などの自然豊かな風景が特に有名で、フォトジェニックで非常に日本らしい風景が楽しめます。

最近ではミシュラン・グリーンガイドで3つ星を獲得したこともあり、海外からの観光客にも非常に人気な場所となっています。

竹林

報国寺で最も有名な景色といえば、境内に広がる竹林です。

報国寺は古くから「竹寺」との呼び名で親しまれており、数千本にもおよぶ孟宗竹がその名前の由来となっています。

鎌倉の街から少し離れた場所に建てられているため、とても静かで落ち着いた雰囲気を味わうことができます。

竹の庭

報国寺の美しい竹林は、境内を少し歩いたところにある「竹の庭」という入り口をくぐると見えてきます。入り口の脇で拝観料(200円)を支払い中へと進みます。

その際、「抹茶券(500円)(※)」をあわせて買うことができるのですが、これは必ずゲットしておくのがおすすめです。
(※ このチケットは中では買えません!)

お茶処 休耕庵

竹の庭の入り口で抹茶券を購入された方は、「休耕庵」というお茶処で抹茶を嗜みながら報国寺の竹林をゆっくりと眺めることができます。

日常にはない心休まるひとときです。お茶席の赤と竹林の緑のコントラストも綺麗で、報国寺まで足を運んだ際にはぜひ立ち寄っていただきたいおすすめのスポットです。

なお、抹茶がいただけるのは15時半までとなっています。境内は週末になると非常に混雑するため、時間には余裕を持って足を運んでみるのが良いと思います。

竹林以外の見どころ

枯山水庭園

竹林以外にもに見ておきたいのがこちらの枯山水庭園。砂と岩のみを使って山や海の姿を巧みに表現した、日本ならではのスタイルの庭園です。

枯山水といえば京都・龍安寺の庭園がよく知られていますが、報国寺もそれに負けない存在感を示しています。砂の紋様や岩の細かい表情に注目しながら、豊かな水の風景をじっくりと想像してみてはいかがでしょうか。

丘陵のやぐら

枯山水庭園を取り囲んでいる丘陵には、いくつか「やぐら」が見られます。これは、報国寺を開基した足利家時と足利義久の墓と伝えられています。

一般の参拝客が近くまで寄って見ることはできないため、庭園越しに眺めるのがおすすめです。

季節の風景

竹林や枯山水庭園が有名な見どころですが、庭園を歩けば季節ごとに様々な表情を見せてくれるということに気づくはずです。

春になれば椿の花が咲き始め、秋になれば紅葉を楽しむことができます。こうした四季折々の様々な庭園の姿を楽しむことができるというのも、ここ報国寺の魅力といえるでしょう。

春の時期は、本堂前の桜(ソメイヨシノ)がとてもきれいに咲いています。竹の庭の手前にあるため拝観料も特に必要ありません。

隣接する枯山水庭園にも所々にかわいらしい花々が見られ、色取り取りの境内を楽しむことができます。

境内にはかわいい椿の花も咲いています。

円覚寺、長寿寺、長谷寺など鎌倉には多くの紅葉の名所がありますが、報国寺の紅葉も非常にきれいです。竹の庭の竹林と赤く染まった楓のコントラストは一見の価値ありです。

手水場の水が凍った様子もとても趣深いですね。

紅葉の見頃は、例年11月下旬〜12月上旬頃です。色取り取りに染められた境内を散歩するのは非常に贅沢な時間ですね。

木々の緑が寂しくなる冬の季節は、竹林の青々しさが際立ちます。特に雪化粧をした竹林の姿は、非常に幻想的です。

鎌倉は年に数回程度積雪があるので、雪が降った次の日を狙って竹林を見に行くのもいいかもしれません。

御朱印

報国寺でいただける御朱印は
 ・「聖大悲殿」(鎌倉三十三観音霊場第10番札所)
 ・「南無観世音」(鎌倉十三仏詣第8番札所)
の2種類です。

特に何も指定しないと「聖大悲殿」となりますので、「南無観世音」の御朱印がほしい方はその旨を伝える必要があります。御朱印の値段はどちらも志納300円で、両方の御朱印がほしい方は2つ分の御朱印代をお納めすれば大丈夫です。

受付横にある御朱印所でいただくことができ、受付時間は9:00~16:00となっています。

また、報国寺オリジナルの御朱印帳を購入することもできます。報国寺のシンボルとも言える竹と足利家の家紋があしらわれた素敵なデザインとなっています。

坐禅体験

報国寺では毎週日曜日の朝に一般向けの坐禅会を開催しています。初心者や女性だけのグループで参加される方も多く、気軽に坐禅を体験できすることができます。
(記者が体験したときには坐禅参加者は男女グループや女子2人組を含め15名で、坐禅体験初参加の人は10人もいました。)

朝7時半に集合して、実際の坐禅会は8時から10時まで行われます。集合時間は厳守のため、チャレンジされたい方は早起きしてお寺に行かないといけません。

受付では名前を書き、500円程度のお布施をお支払します。

受付を終えたら、貸与される袴に着替えて坐禅を開始します(袴はベテランの方に着付けをしていただけるのでご安心を!)。

坐禅は、最初は初心者の方が集まって10分間2セット。それが終わると、まだ人が入っていない静かな竹林を歩く禅(経行)を行います。その後は、経験者の方と一緒になり迦葉堂(かしょうどう)で坐禅を行います。

坐禅といえば叩かれるイメージがありますが、ほとんどの体験会では叩かれることはないそうです。

報国寺で叩いてもらうには、住職の方が坐禅中に前を通るので、その時に手を合わせると叩いてもらえます。音はとても響きますが、あまり痛いという感じではありません。

座り方のお作法や手の組み方なども教えてもらうことができ、結構本格的な坐禅体験が行えます。

坐禅後は参加者全員で読経をします。般若心経を大人数で声を合わせて読むのは、非常に迫力があります。

最後にお粥が振る舞われるのですが、こちらも食べ方のお作法も教えてもらえます。

特に、なるべく早く綺麗に食べましょうというものがあり、初めて参加される方はこれは注意しておいた方がいいかもしれません。
(ベテランの方は15秒くらいで食べ終わっています!)

坐禅体験終了後は、報国寺の竹林を無料で見られます。坐禅体験終了時間が10:30前くらいで、まだ拝観者が少ない中で竹林を見ることができるので、写真を撮る場合などには非常におすすめです。

報国寺周辺の観光スポット

杉本寺

天平6年(734年)に創建された鎌倉最古の寺院。

苔に覆われた美しい石段が有名で、そのすり減った様子からは、長い年月をかけて多くの参拝者が通った様子が伺えます。

石段横の奉納旗も独特な雰囲気を出しており、階段下から写真を撮っている観光客が多く見られます。

旧華頂宮邸

昭和4年(1929年)に華頂博信侯爵邸として建てられた洋館。

屋敷内は年に数回しか一般公開はされていないものの、敷地内は無料公開されていて自由に見て回ることができます。

貴族のドラマに出てくるような広い庭園が広がっており、バラをはじめ季節の花々を見ることができます。

浄妙寺

1118年に足利義兼が開創した臨済宗の寺院。境内は比較的広く、春の時期には境内のいたるところにきれいな花々が咲いています。

併設されているお茶処 喜泉庵からは、素敵な枯山水の庭園を見ながら抹茶を楽しむことができます。

少し丘を上るとイングリッシュガーデンがきれいなレストランもあり、鎌倉の自然をたっぷり楽しむことのできるお寺です。

鶴岡八幡宮

鎌倉のシンボルとも言うべき源頼朝ゆかりの神社。京都の石清水八幡宮を厚く信仰していた源頼義が鎌倉由比ヶ浜に石清水八幡宮を社殿を勧請、創建した後、源頼朝により現在地に遷座されました。

60段の石段を上がった所にある本宮からは市街と境内が一望でき、多くの観光客の写真撮影スポットとなっています。また、楼門から続く本殿の西回廊には宝物殿があり、工芸品・武具等の古神宝類を眺めることができます。

元旦の初詣や9月に行われる例大祭などの催しも多く、常に観光客で賑わいを見せています。

基本情報

拝観料

200円
※抹茶(干菓子付) は別途500円

拝観時間

9:00~16:00
(抹茶の受付は15:30まで)
※混雑時は抹茶の受付を一時停止する場合があるのでご注意ください

お休み

年末年始(12/29~1/3)
また、天候等により拝観を休止する場合がありますので、こちらもご注意ください

アクセス

鎌倉駅より京浜急行バス
 鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き/ハイランド行き 約12分
 (「浄明寺」で下車し、バス停から徒歩約3分)

駐車場

あり(5台)
※収容台数が少ないため、他の駐車場を利用するのがおすすめです

鶴岡八幡宮からのアクセス

金沢街道沿いに東に進み、徒歩約20分ほどで到着します。
バスを利用する際には、「八幡宮」から京急バス(ハイランド(逗子市)行)に乗り、「浄明寺」にて下車後徒歩約3分。

報国寺周辺のおすすめモデルコース

朝の鎌倉で坐禅体験。心を落ち着かせて身も心も清らかに!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。