あじさいだけじゃない!北鎌倉・明月院で感じる四季の風景

神奈川

都会にいると、つい季節を感じる機会が少なくなりがちですよね…

そんなあなたにオススメしたいのが、鎌倉・明月院へのプチ旅行。東京駅から電車で1時間の場所にあるこちらのお寺では、桜やあじさい、そして紅葉など季節ごとに異なる美しい風景を楽しむことができます。春になれば梅や桜、雨が多い梅雨時には一面のあじさいの花。夏を越えて秋になれば紅葉が美しくなり、冬になればひょっとすると雪景色が見られるかも…?

また、お寺の庭園を見ながら楽しめるカフェもこの明月院の大きな魅力です。季節の変化を楽しみながら美味しいコーヒーやお菓子などをいただくというのも、大人な感じがして素敵ですよね。

というわけで、今回は四季折々の表情が楽しめる鎌倉・明月院について見ていきましょう!

明月院とは?

明月院は、JR横須賀線の北鎌倉駅から歩いて10分ほどの場所にあるお寺で、毎年6月頃の梅雨の時期になると境内のあじさいが満開になり、その美しさから多くの人々が訪れる場所になっています。また、境内に咲き誇るあじさいの様子から、別名「あじさい寺」として広く親しまれているお寺です。

明月院のそうしたイメージから、お寺を訪れる方はつい「あじさい」の花だけに注目しがちですが、実は他にもさまざまな季節の移り変わりを感じられる場所でもあります。ここでは明月院で見ることができる四季折々の風景をチェックしてみましょう。

季節を感じる!明月院みどころガイド

あじさい

明月院の中で最も有名な風景が、参道に沿って植えられているこの「あじさい」の花の風景です。インターネット上にも多くの写真がアップされている、鎌倉でも有名な撮影スポットですね。

毎年6月ごろになるとあじさいの花が満開を迎え、参道脇に咲く淡い青色の花の姿という、明月院を象徴する景色を楽しむことができます。雨の日が多くて、なんとなく気分が落ち込みがちな梅雨の時期ですが、このあじさいの花を見るためだけに鎌倉にやってくるというのも素敵な旅になりますね。また、あじさいの花が咲く期間(6月)は、通常よりも長い朝8時半〜17時まで開門しているのもうれしいポイントです。

円窓

あじさいが咲く参道を見終わったら、そのまま明月院の本堂の中へ入ってみましょう。こちらの本堂ですが、なんといっても境内の風景を楽しむことができる「円窓」が大人気。月を模った形の窓からは、季節の移り変わりに合わせて次々と姿を変える風景を楽しむことができます。
 
夏になると木々の青々しい緑が楽しめ、秋になれば境内の木々が一斉に紅葉色に染まっていくといったように、季節によって変化するフォトジェニックな景観が楽しめるということもあって、多くの参拝客が思わずカメラを手に取ってしまう絶好の撮影ポイントになっています。

しだれ桜

明月院はいつ来ても楽しむことができる場所ですが、もし春に訪れることができれば、境内のしだれ桜が満開になった様子に出会えるかもしれませんね。

ソメイヨシノが終りを迎える、毎年4月前半に満開を迎えるのがこの明月院のしだれ桜。天気が良い日には、ご覧のような青空とピンク色の桜の木の美しいコントラストを楽しめます。また、明月院には下の写真のような「枯山水」の庭園もあって、砂と岩だけを使い山や海の様子を巧みに表現した日本式の庭園スタイルを見ることができます。桜の木の美しい姿とともに、日本ならではの庭園スタイルをじっくり味わってみるのもいいかもしれませんね。

お寺のカフェ、月笑軒でくつろぐひととき

境内の散策が終わったら、そのままお寺の中にある「月笑軒」に行ってみましょう。
 
こちらの月笑軒は、お寺の境内に併設されたカフェとなっていて、コーヒーや抹茶そしてさまざまなお菓子を味わうことができます。カフェの外には美しい庭園が広がり、外の景色をじっくりと楽しみながらコーヒーなどをいただけるというのも魅力的なポイントです。

また、カフェの店内にはアンティークのお皿などの素敵なインテリアが置かれており、とても落ち着いた気持ちでくつろぐことができる雰囲気になっています。

なお、取材に訪れた際は、お店の中がカレーの良い香りでいっぱいでしたが、ホームメイドのマフィンが気になったのでコーヒーと一緒にいただくことにしました。この日のデザートは、3種類のマフィンとスコーンそしてケーキの中から、店員さんおすすめの「いちごとクリームチーズのマフィン」をチョイス。ほんのりとチーズの香るしっとりとしたマフィンは、思わずパクッとかぶりつきたくなるほどの一品でした。

アクセス

JR横須賀線 北鎌倉駅より徒歩10分。
または鎌倉駅から江ノ電バス[2番]
大船駅(ルミネ下)行き 名月院 下車徒歩1分

[地図]

明月院に行くなら..オススメコース一覧

明月院へ行かれる方には、こちらのFrame Outコースがおすすめ!
休日はぜひ明月院や他の場所にも足を運んでみてください!

北鎌倉で体験!明月院の「梅」と「食品サンプルづくり」を楽しむ一日
日帰り女子旅行におすすめ! 自転車で巡る鎌倉御朱印集め
食たび♪ ~北鎌倉・コーヒー編~

施設情報

明月院(めいげついん)
 拝観料:300円(ただし6月は500円、また6月と紅葉時に公開される本堂後庭園へは500円追加)
 開門時間:6月は 8:30~17:00、6月以外 9:00~16:00
 住所:鎌倉市山ノ内189
 電話番号:0467-24-3437
 公式サイトなし

※なお、ご紹介した「月笑軒」は明月院境内にあります。営業時間は10時〜15時まで、毎週火曜日定休。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。