おせんべいも作ってます!レトロな銚子電鉄で行く千葉・銚子めぐり

関東地方

関東平野の最東端に位置する千葉県の銚子は北に利根川、東に太平洋を望む全国的にも有名な漁港の町です。銚子駅と外川駅の間を走る関東ローカル線の銚子電鉄は短いながらも様々な風景が楽しめる人気の路線です。

一日乗車券の「弧廻手形」を買えば、銚子電鉄が一日乗り放題になるだけでなく、観光地での割引やぬれ煎餅1枚サービスでお得に楽しめちゃいますよ。犬吠埼灯台など見どころもたっぷりで、都心からの日帰り旅にもぴったりです。

銚子電鉄とは

#銚子電鉄 #ポプテピピック

Kenji Satoさん(@com.rapid.satoken.aoon)がシェアした投稿 –

銚子電鉄は千葉県の東端、銚子市の銚子駅と外川駅を結ぶ全長6.4kmの小さなローカル私鉄です。地元市民や観光客の足として活躍しています。かつて経営難に陥った際に、自社で製造・販売しているぬれ煎餅で経営を立て直したというエピソードでも有名です。

今日は親父といぶきと私で2時間くらいお散歩しました。銚子電鉄の笠上黒生駅なんて中学以来(^◇^;)懐かしすぎるっっ!! ・ ・ 『かみのけくろはえ』……こーゆーボキャブラリー大好き(´艸`) ・ ・ ・ 静かでほのぼのした駅の雰囲気は昔と全然変わらずとても気持ちよかったです(*´∇`*) ・ ・ ・ そしてそしてお散歩をしてると良き出会いがあるもんですね♪ 私の大大大好きな昭和レトロの宝庫となる場所に遭遇(*´∀`)♪ 親父にホワイトデーのお返しにいーっぱい買ってもらっちゃった♡キキララのコップとタキシードサムの便箋は1986年製♡私が5歳の頃のお品(o^^o)しかも購入したもの全部状態が良く最高の一日でした。 ・ ・ ダイエット目的で3人で歩いたのに、歩いて早々#銚子マルシェ とゆう催し物でイブキを遊ばせボーリング場のブースのくじでうまい棒20本ゲット( ̄∀ ̄) ・ ・ ・ 中々痩せられねーぜぃwww ・ ・ ・ #昭和レトロ#レトロサンリオ#サンリオ#レトロポップ#るるる学園#ウィンキーピンキー#マロンクリーム#ノラネコランド#タキシードサム#キキララ#銚子#銚子電鉄#ローカル線#銚電 #笠上黒生駅#かみのけくろはえ#昔の銚電のエンブレムのゴリラ#何気に好きだった#かわいい#澪つくし号#こんなところにいたのね#しかもボロボロで#切ない#また走ればいいのに#漁港の船#微妙に逆さ船#船かっこいい#ぶらり銚子散歩

桶谷彩子さん(@ayaya1326)がシェアした投稿 –

また、これも経営難対策として打ち出された、駅名愛称を販売するネーミングライツ契約でも話題を呼びました。ユニークな駅名看板や車内案内放送を楽しむのも良いですね。

古い車両や昔ながらの駅舎のレトロな雰囲気が魅力で、最高速度も40km/hというまったり具合がなんとも癒されます。都会のせかせかした雰囲気に疲れたら、のんびり走る銚子電鉄に揺られてみるのはいかがでしょうか。

【参考】
http://www.choshi-dentetsu.jp/

沿線のスポットガイド

まずは絶景ポイントとしておすすめな犬吠埼灯台です。犬吠駅から徒歩15分ほどのところにあります。日本で一番早い初日の出を見られる場所としてもよく知られていますね。

敷地内の資料館で灯台の歴史を学んだり、大型のフレネルレンズを間近で見たりするのもなかなか楽しめますよ。

また、灯台のふもとにある灯台とおそろいのかわいい白亜のポストは写真映えすること間違いなしです。このポストから投函すると、銚子郵便局オリジナルの風景入り日付印が押してもらえるので、大切な方に送ってみてはいかがでしょうか。

その色にちなんでホワイトデーに使用が開始されたことから、恋愛成就のポストという噂もあるそうですよ。

灯台とは犬吠駅を挟んで反対側へ徒歩15分ほどのところにある、地球の丸く見える丘展望館もおすすめです。愛宕山の頂上にある展望館からはその名の通り、地球の丸さを感じられる大パノラマの眺めを楽しむことができます。

天気が良ければ富士山を見ることもできますよ。喫茶コーナーもあるので、ゆっくり休憩もできます。

4月下旬から5月上旬の藤の見頃におすすめなのは銚子駅より徒歩5分の藤の名所、妙福寺です。「臥龍の藤」と呼ばれる樹齢750年を超える名木をはじめとした4つの藤棚は見応え抜群です。

藤の季節はライトアップも行っているので夜でもその美しい姿を楽しむことができます。

お醤油好きの方なら見逃せないのは仲ノ町駅のすぐそば、ヤマサ醤油の工場です。予約すれば誰でも工場見学ができるのですが、残念ながら土日祝はお休みです。

ですが入場無料のしょうゆ味わい体験館という施設は利用できますので安心して下さいね。展示スペースのほか、醤油スイーツなども楽しめますよ。

【参考】
http://www.city.choshi.chiba.jp/andacore/jp/category/see/inubosakitodai.html
http://www.choshikanko.com/tenbokan/
http://www.myokensama.jp/
http://www.yamasa.com/enjoy/factory-visit/

銚子電鉄のレトロな見どころ

銚子電鉄は中古で購入してから長年使い込まれた車両も味わい深いですが、駅舎や周囲の雰囲気などもレトロ感たっぷりなんです。

木造の駅舎や手書きの時刻表など、映画のセットのようなどこか懐かしい光景はまるでタイムスリップした気分にしてくれます。

ドラマやCMのロケ地として多く使われているのも納得ですね。記念撮影をしておけば「いつの写真!?」なんて話題になってしまうかもしれません。

一面に広がるキャベツ畑や昔ながらの漁師町の風景など、車窓の景色ものどかで癒されます。

もっとレトロ感を味わいたい方は仲ノ町駅の車両基地がおすすめです。入場券を購入するだけで、現役を引退しためずらしい車両の見学や写真撮影が自由に楽しめますよ。

ぬれ煎餅駅

かつての経営難を救ったという救世主のぬれ煎餅は、今でも愛されている銚子名物です。醤油の町、銚子らしく醤油をたっぷり使った濃厚な味と独特の食感にハマる人は少なくありません。濃いめの味はお酒のおつまみにもぴったりです。

銚子電鉄直営のお土産売店「銚子電鉄ぬれ煎餅駅」では普通のお土産以外にもわけありのお買い得品が買えちゃうんです。今でも銚子電鉄の大切な収入源となっているぬれ煎餅を買って応援してみてはいかがでしょうか。

ぬれ煎餅駅ではなんと手焼き体験もできるんですよ。ぬれ煎餅はしっとりした食感が有名ですが、焼きたてはまた違った食感を楽しめるのでぜひ体験してみて下さい。自由にトッピングなどもできるので、ぬれ煎餅の新しい楽しみ方も発見できるかもしれません。

他にも海産物のお土産やぬれ煎餅駅限定の鉄道グッズなども購入できます。

【参考】
http://www.choshi-dentetsu.jp/detail/spot/25

施設情報・アクセス

  • 施設:銚子電鉄
  • 住所:千葉県銚子市新生町2丁目297番地
  • アクセス:公共交通機関でお越しの方 銚子電気鉄道線「仲ノ町駅」から徒歩すぐ
  • 営業時間:仲ノ町駅始発5時37分、外川駅終発21時20分
  • 定休日:なし
  • 公式サイト:http://www.choshi-dentetsu.jp/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。